オリンピックのゆくえ | 札幌の派遣会社KSPサービス

ロゴ
お問い合わせ KSPの派遣情報

Staff blogスタッフブログ

オリンピックのゆくえ

どうも、じーです。

例の女性蔑視発言で、
森喜朗 東京五輪委員長が2月12日の辞任しました。

「東京五輪は実施しない」と思っておりましたが、
この事は逆も然り(やっぱり実施)かな。
と、言う気持ちになってきました。

欧米左派(リベラル)勢力が、
森さんを 「女性蔑視」問題で 叩いているが、
実は日本を 「人権問題」で 叩いている可能性がある。
放置すれば「南京~」や「従軍~」への外交努力がリセットされ、
まるで敗戦時のような空気になる。

人権問題の親玉で2032年オリンピック開催を考える「中共」は、
欧米左派に報復する気概と力 (中国開催をもぎ取る) もある。
東京五輪は面目的に是非とも開催して欲しいはずで、
「日本のみなさん!開催加油!」とこっそり 応援とかあるかも知れません。

ここで日本のあえての無策。
と、仮定するならば、
便乗開催に動き「中共」の傘下となり、
めでたく東京五輪開催の運びとなる 。
(リセット首輪付きだが)

ちなみに、
コロナの締め付けがアジアより厳しい欧米の若年層は左よりのようだ。
左派に熱狂する欧米のジェネレーション
左より意見は欧米の総意的な報道はこれが根拠かも知れません。

もちろん一枚岩ではなく
外圧がすべて反日というわけでもない。
また内なる動き 「そっちへは行くな」的な情報を見れば、
水面下の戦いが今のところ激戦中と感じる。

コロナはまだしばらく続きそうだ。

多分、ここでの「女性蔑視」問題の深堀りは、
男女の分断を生むだろうし
人権問題はイデオロギーの対立。
大小さまざま分断を生むことになるので、
ほどほどに!と思う。

互いに敬意を払わず、
いきなりNGは良くない。
多分そのNG(怒り)は誰かの得なので。